最近の若い世代の人というのは、あまりお墓に対して関心を持っておらず、適当に選んでしまっている人が多くいます。
これから家族全員、また親戚が訪れる場所なのですから、適当に契約をしてしまわないようにしてください。 決して安い買い物では無いお墓ですが、お金の問題だけではなく長い付き合いになりますので慎重さが必要です。
条件の悪い管理状況や、オプションが納得いかないようでしたら立地条件が良くても選ぶべきではありません。関係者が一同に集まる日にお墓を建てることで、様々な手間をある程度省くことが出来るでしょう。
法要の時以外に建てない方が無難だという話をよく聞きますが、いずれも確かな根拠はないのです。一般的にお墓を実際に建てる時期に決まりは定められていませんが、一周忌、三回忌、新盆、彼岸などといった特別な日に建てることが多くなっています。
また一周忌に合わせてお墓を建てることが多くなっているようです。日本ではお墓を建てる時期に特別な決まりは定められておりません。
実際に遺骨を10年も自宅で保管をしている人もいるくらいなのです。



決まりはないお墓を建てる時期ブログ:2017-11-22

本日、あたくしが住んでいる渋谷は晴れ時々曇りのち晴れです。

晴れ時々曇りのち晴れの日もあれば、晴れ時々曇りのち晴れの日もあり、晴れ時々曇りのち晴れの日もあります。
当たり前のことですよね。

人間の「心」もこのように
晴れ時々曇りのち晴れの日もあれば晴れ時々曇りのち晴れの日もあります。

やる気いっぱいに
「減量するぞー!」
「痩せてキレイになるわ!」
…などと、やる気満々の時には、
張りきっていろいろな方法にチャレンジしたり、
元気いっぱいに減量を続けます。

しかし、いい時ばかりではありません。
時には、心にあめが降るときもあります。
「落ち込んだとき」
「自分が小さく見えるとき」
「周りから非難されたとき」とか…

「つい食べ過ぎちゃった」
「運動をサボってしまった」
なども心が小さくなりがちです。

心が小さくなると
「こんなあたくしなんかどうせ減量できない」
と思いがちです。

これが一番のクセモノです。

「あたくしなんか」と言う言葉は、
自分の器を自ら小さくしてしまうようなものです。

だから絶対
この「あたくしなんか」と言う言葉は使わないようにしてくださいね!

心にも晴れ時々曇りのち晴れの日もあれば晴れ時々曇りのち晴れの日もあります。
そういうものなんです。

あめの日には傘を差してあめをよけるように、
自分の心にも傘をかけてあげましょう!

そんなときには、多少減量をお休みしてもいいと思います。
気にせず、悔やまず、責めない…
そんな風にして、心に光が射してきたら再び歩みだせばいいのです。

それまではじっとして、心に栄養を与えてあげましょう。
晴れ間が見えてきたら再びやるべきことを淡々と続けていきましょう。

多少立ち止まっても、回り道しても、戻っても…
再び元の道に戻って淡々と続ければ、
減量は必ず成功します。