人生においてお墓に足を運ぶことは何度かあるかと思いますが、実際に購入をするとなるといかがでしょうか?
お墓の購入なんて考えたことが無いという人が多いですが、基礎的な知識は知っておく必要があるのです。 お墓の敷地を確保してまだお墓が建てられていないような場合には、納骨室で遺骨を保管しておくことも可能です。
地上には角柱塔婆の正面に戒名、そして側面や裏面に俗名と生没年月日を予め書いておきます。お墓を建てるのは四十九日に間に合わない時には、一時的にお墓管理者やお寺に遺骨を預かってもらうこともできます。
これは決して仏教の教えに反していることではなく、問題ないやり方となります。仏教ではこれまで、四十九日までに納骨をするのが慣習となっていました。
しかし都市部などにおいてはお墓を建てるお墓が見つからなかったり、建墓に間に合わないこともよくあるのです。

社会人サークル 大阪の詳細
http://0ffkai.lolipop.jp/



お墓を建てることが出来ない時もあるブログ:2018-09-15

娘が生まれて一ヶ月とちょっと経ったある日、
お宮参りに行ってきました。

10時からバタバタと準備をし、駅へ向かいました。
待ち合わせをしていたのです。

待ち合わせをしていたのはわたしのお母さん。
忙しい中都合をつけてくれて、
一緒にお参りすることになっていたのです。

お母さんと落ち合った後、
そこからすぐ近くの神社に向かいました。
その短い時間に、お母さんはもう孫に夢中です。

寝てるだの起きただのと、はしゃいでいたのでした。
「こんなにはしゃぐんだ〜」と、はしゃぐお母さんの姿を見て、
新鮮というか、少し意外な感じがしました。

神社に到着してご祈祷をしてもらうまでの間、
待合室で少し待つことになり、
そこでお母さんが娘を抱いてあやしていました。

その姿を見て、わたしはびっくりしました。
お母さんが娘を抱く時、
なんだかおっかなびっくりな様子だったのです。

そして、
お母さんの腕の中で娘が少しグズり出すと、
あわててこう言うのです。

「ごめんね〜、ママと抱き方が違うから嫌なのかな〜、ごめんね〜」
その様子とその言葉を聞いて、びっくりしました。

何にびっくりしたかというと、
わたしの知らないお母さんの姿を見たことに
びっくりしたのです。

わたしの中では、
2人も娘を育て上げたのだから、
赤ちゃんの扱いなんて余裕しゃくしゃくで、
少々グズろうが泣きわめこうが、涼しい顔をしているのが、
お母さんだと思っていました。

ところが、
実際はそうではありませんでした。

まぁ、生まれたての赤ちゃんを抱くのは
おそらくわたしが赤ちゃんの時以来ですから、
30年くらいはブランクがあるわけで、
おっかなびっくりになる無理もないのかなぁと思うのですが、
その姿が、本当に意外だったんですよね!