実際にお墓を建てる権利を購入し、結局お墓参りが大変で後々後悔をしてしまっている人がいます。
だからこそ、立地条件は非常に重要であり、まず最初に頭に入れておかなければいけないことなのです。 民営のお墓は、公営のお墓と比較をして永代使用料が割高であり、その他管理料なども高額となります。
お墓と言いましても民営の場合はあくまでも営利目的なのですから、当然と言えば当然のこととなります。多くの民営で管理されているお墓というのは、設備が整っており、また交通便の良さも満足出来ることでしょう。
つまりお墓参りや法要のための設備、会館などが整っているというメリットがあるのです。民営のお墓は、公営のような資格制度が定められていないために、宗旨・宗派を問わず申し込めるのが大きなメリットとなります。
公営と比較をして民営のお墓は、緑豊かな場所に広がっており、環境的にも素晴らしいものがあります。

フェニルアラニンのご案内
https://www.suplinx.com/shop/e/ephenylal/



民営のお墓は価格が割高に設定されているブログ:2018-09-09

奥さんは、もう30年間もご飯を作り続けている。
ご飯を作らなかった日は、
たまに行った旅行や
具合が悪くなり寝込んだ日を除けば数えるほどしかない。

もともと料理好きで炊事を楽しんでいるようである。
料理好きの連れ合いを持った夫は、
毎日手料理を味わえてたいへん幸せではないだろうか。

奥さんは、今まで
店で売っている惣菜や冷凍食品など一度も買ったことがない。
どうも他人の料理を信用していない節があるようだ。
そのため、手間がかかっても毎日料理している。

おいらがいうのも妙であるが、
近年の奥さん手料理は味わい深くなった感がある。

コクが出てきたというか、
とにかく若いときに比べて味が格段に良くなっている。

もちろん、
若い頃は料理本のレシピと首っ引きで調理に取り組んでいた。
おそらく、当時の味は
レシピに忠実な味付けであったのではないだろうか。
それから比べると、今の味付けとは雲泥の差がある。

おいらの実家がある徳島県は、
糖尿病死亡率全国ワースト1位という
不名誉な記録を何度も保持してきた。

この背景には、
公共交通機関が発達していないため
どんな近くでも自動車に乗り、歩かない、
甘辛い味付けのご飯を好むといった県民性がある。

実際、おいらが実家に帰郷するまで
お父さんは塩辛く濃い味付けの料理を好んでいた。

以前、たまに実家に帰りご飯をした際、
味噌汁の味が塩辛く驚いた経験を何回もした。
そんな食習慣を長く続けてきたお父さんは、血圧が高く薬を飲んでいる。

おいらたちが実家に帰ってからの味付けは、極めて薄い。
お父さんは、このことに不満そうであるが、
ご飯を作ってもらっている手前我慢しているように見える。