ここではお墓を建てることが出来ない時についてご案内しています。
お墓を建てることが出来ない時もある

お墓を建てることが出来ない時もある


お墓を建てることが出来ない時もある
人生においてお墓に足を運ぶことは何度かあるかと思いますが、実際に購入をするとなるといかがでしょうか?
お墓の購入なんて考えたことが無いという人が多いですが、基礎的な知識は知っておく必要があるのです。 お墓の敷地を確保してまだお墓が建てられていないような場合には、納骨室で遺骨を保管しておくことも可能です。
地上には角柱塔婆の正面に戒名、そして側面や裏面に俗名と生没年月日を予め書いておきます。お墓を建てるのは四十九日に間に合わない時には、一時的にお墓管理者やお寺に遺骨を預かってもらうこともできます。
これは決して仏教の教えに反していることではなく、問題ないやり方となります。仏教ではこれまで、四十九日までに納骨をするのが慣習となっていました。
しかし都市部などにおいてはお墓を建てるお墓が見つからなかったり、建墓に間に合わないこともよくあるのです。




お墓を建てることが出来ない時もあるブログ:2019-06-12

我が家は、今荒れております。
…と言っても、あたくしと奥さんの関係ではなく、
家の中が荒れ放題になっているのです。

少し前にあたくしが体調を崩して、
回復するのに少し長引いていました。

その間、奥さんは家のことを後回しにしてまで、
あたくしの面倒を精一杯見てくれていました。

まるでお子様のように面倒を見てもらっていたあたくしは、
たくさんの「ごめんなさい」と「ありがとう」と共に、
回復に至りました。

あたくしの回復と入れ替わるように、
今度は奥さんの調子が悪くなってきました。

奥さんはアレルギーを持っていて、症状が手に出るんです。
ものすごくひどい手荒れのような状態になり、
出血したり、痛みがあったりするようです。

両手がそんな状態になってしまったので、
手を使って何かをすることができないんですね。

それまで奥さんがやってくれていた、
我が家の家事のほとんどがストップするとともに、
部屋は散らかり、洗濯物は溜まり、
食べる事は栄養バランスを欠いたものとなってしまいました。

あたくしは仕事の合間を見てちょっとずつ家事をするのですが、
もちろん到底追いつきません。

そんなこんなで、恥ずかしながら、
現在の我が家は荒れ放題になっているのです。

そんな惨状の中、奥さんは事あるごとに言います。

「ごめんね。何もできなくて…」

奥さんとしては、
「自分は何もしていない」
「夫の役に立ちたいのに立てない」というのが、
とても心苦しい様子です。

あたくしとしては、
「あたくしのためにあれをしてあげたい、こんなものを食べさせてあげたい」
と思ってくれるその気持ちが何よりうれしくて、
何もしていないことは問題ではありません。

お墓を建てることが出来ない時もある

お墓を建てることが出来ない時もある

★メニュー

使用権を買ってお墓を買う
永代使用料の価格について学ぶ
決まりはないお墓を建てる時期
都市部を中心に寿陵が増加
お墓を建てることが出来ない時もある
使用規定を理解した上で契約をする
お墓は好きな場所に建てられるワケではない
公営で管理をしているお墓の資格条件
民営のお墓は価格が割高に設定されている
石材店の賢い選び方と指定石材店


ページ先頭 ページの先頭へ
トップに戻る トップに戻る
友達に教える 友達に教える
(C)お墓参りに最適な霊園情報サイト