ここでは民営のお墓についてご案内しています。
民営のお墓は価格が割高に設定されている

民営のお墓は価格が割高に設定されている


民営のお墓は価格が割高に設定されている
実際にお墓を建てる権利を購入し、結局お墓参りが大変で後々後悔をしてしまっている人がいます。
だからこそ、立地条件は非常に重要であり、まず最初に頭に入れておかなければいけないことなのです。 民営のお墓は、公営のお墓と比較をして永代使用料が割高であり、その他管理料なども高額となります。
お墓と言いましても民営の場合はあくまでも営利目的なのですから、当然と言えば当然のこととなります。多くの民営で管理されているお墓というのは、設備が整っており、また交通便の良さも満足出来ることでしょう。
つまりお墓参りや法要のための設備、会館などが整っているというメリットがあるのです。民営のお墓は、公営のような資格制度が定められていないために、宗旨・宗派を問わず申し込めるのが大きなメリットとなります。
公営と比較をして民営のお墓は、緑豊かな場所に広がっており、環境的にも素晴らしいものがあります。




民営のお墓は価格が割高に設定されているブログ:2018-08-19

私は毎年どこかで満開の桜を目にしていますが、
ここ何年かは、その時
「来年はどこで、どんな自分がこの満開の桜を見ているのだろうか?」と思います。

桜の花を見てそんな感情を抱くのは、
思えば入学式や卒業式といった人生の節目、節目には
いつも桜があったからかもしれません。

小学校の入学式…
私が今でも覚えているのは、ワクワクドキドキしながら、
着物姿のママと一緒に学校へ行ったことです。

私は落ち着きがないというか、ぴょこぴょこジャンプしながら、
そしてママにそれをたしなめられながら、学校に行きました。

学校に行く道には、大きな桜の樹があり、丁度桜が満開でした。
これから広がっていくであろう未知の世界、
勉強や、新しい友達などに心を膨らませながら、
新鮮さやすがすがしさを感じた事を覚えています。

中学校の入学式…やはり桜が満開でした。
中学生ぐらいになると、
小学校の時のような新しい環境へのドキドキ感は既にありませんでしたが、
私は何となく大人になった新しい自分を感じたことを覚えています。

私が特に鮮明に憶えているのは、
大学生の頃、両親と伊豆へ旅行に行ったときです。

私は当時、神奈川県に下宿していたんですが、
自分の選んだ進路が本当にこれで良かったのかどうか、疑問に思い続けていて、
少し閉塞気味な感じを持っていました。

そこで、心機一転、下宿先を移る事にし、
その手伝いにお父さんとママが来てくれたのです。

引越しが終わって、両親とともに、車で伊豆半島を一周しました。
西伊豆の辺りは桜の花が満開で、
綺麗な富士山がはっきりと見えたことを覚えています。

どうやら、私の記憶に残っている桜は、
新鮮な自分を感じているときなのではないかと思います。

どんとはれ
民営のお墓は価格が割高に設定されている

民営のお墓は価格が割高に設定されている

★メニュー

使用権を買ってお墓を買う
永代使用料の価格について学ぶ
決まりはないお墓を建てる時期
都市部を中心に寿陵が増加
お墓を建てることが出来ない時もある
使用規定を理解した上で契約をする
お墓は好きな場所に建てられるワケではない
公営で管理をしているお墓の資格条件
民営のお墓は価格が割高に設定されている
石材店の賢い選び方と指定石材店


ページ先頭 ページの先頭へ
トップに戻る トップに戻る
友達に教える 友達に教える
(C)お墓参りに最適な霊園情報サイト