ここでは寿陵の増加についてご案内しています。
都市部を中心に寿陵が増加

都市部を中心に寿陵が増加



都市部を中心に寿陵が増加ブログ:2017-12-11


結婚して数年経って、
平穏な日々を送っている今も、
おいらにはしばしば眺めている数枚の写真があります。

それは
ママと幼いおいらが写った数枚の記念写真。

池袋の街角で、青い染め抜きの花模様の着物を着て、
微笑むママのそばでにっこりしているおかっぱ頭のおいら。

どこまでも広がる黄色い菜の花畑で、
花に顔をうずめている小さなおいらと、
それを見守るママの優しい笑顔。

長い一本の道を、
手をつないで歩いていくママとおいらの後姿…

子供の頃の思い出の横にはいつもママがいて、
おいらはこんなにもママに見守られて、
育まれてきたのだという実感が、いつも心を暖かくしてくれます。

でも子育てをしてみて
おいらは初めて気がついたことがあります。

それは、
ママとの思い出の数々を今日の日まで残してくれたのは、
そのフレームの中にはいないパパだったということ。

不思議なくらい、今の今まで気がつかなかった…

子どもが生まれて、
おいらがカメラを持つようになり、
アルバムを作ってみれば…

そこには、
子どもを抱く夫、
子どもをお風呂に入れる夫、
子どもを子ども寝かしつける夫…

おいらとの写真なんてまるでなくて、
これじゃ将来うちのむすめはおいらが育児放棄をしたと思うかなぁ…なんて
苦笑いしています。

写真という記憶の不思議。
フレームに存在しないという、存在感。

「気づくのが遅くなっちゃいましたね。お父さん」

でも間に合って、よかった。
今までずっと、ありがとう…

控えめなパパの深い真心に、
おいらは心から感謝しています。

パパのおかげで、
おいらもママも幸せな思い出をいつまでも
抱き続けることができるんですね。
都市部を中心に寿陵が増加

都市部を中心に寿陵が増加

★メニュー

使用権を買ってお墓を買う
永代使用料の価格について学ぶ
決まりはないお墓を建てる時期
都市部を中心に寿陵が増加
お墓を建てることが出来ない時もある
使用規定を理解した上で契約をする
お墓は好きな場所に建てられるワケではない
公営で管理をしているお墓の資格条件
民営のお墓は価格が割高に設定されている
石材店の賢い選び方と指定石材店


ページ先頭 ページの先頭へ
トップに戻る トップに戻る
友達に教える 友達に教える
(C)お墓参りに最適な霊園情報サイト