残念なことですが、大切なお墓の管理を怠っているあまり信頼の出来ないお墓も中にはありません。
さらに経営不振に陥ってしまい、倒産をしてしまうお墓もあるのでしっかりと事前調査をしておくようにしてください。 様々な資格や条件が定められている公営のお墓は、全ての人が利用を出来ないという欠点があります。
原則としてその自治体に現住所があり、一定年数以上居住したことが基本となりその他にもいろいろと決められています。確かに公営のお墓は割安でお得なのですが、東京や大阪などといった都心部ではすでに満杯となっているケースが多くあります。
場所によっては年に一度、または数年に一度の空地募集にも、数倍から十数倍の応募が殺到するようです。公営のお墓のメリットは、永代使用料や管理料が民営と比較をして安いことが挙げられます。
さらに宗旨宗派に関係なく申し込めることや、管理運営がしっかりしていることも安心出来る要素となります。



公営で管理をしているお墓の資格条件ブログ:2019-02-09

ご飯に使われる油の中には、
摂取すべきではない油がある。

それは「トランス脂肪」である油。

この油は人工的に作り出した油なので、
人間の体質にとって非常に有害なのである。

その筆頭が「マーガリン」。

マーガリンを食べるとこれを分解するのに
大量のエネルギーが必要となるし、
体質内に血栓を通り越して、悪性腫瘍を作る危険性が高まる。

マーガリンを菓子パンにつけて食べれば非常に美味しいが、
それは人工的に作られているからであって、
これが子供の頃からの習慣になってしまうと、
子供はこれを延々と食べ続けてしまうようになり、
病気になりやすくなる。

次に「ショートニング」。

ショートニングは
おかしにサクサク感を出させるために使われるもので、
これを子供が食べ続けていると、カルシウムが奪われてしまい、
虫歯が当たり前になり、非常に骨折しやすくなる。

おかし好きの子供が虫歯になったり骨折するのは、
ショートニングの摂取により、
歯や骨からカルシウムが奪われてしまったからなのである。

トランス脂肪と同じくらいに危険なのが「過剰加工油」。
これは過剰に加工し過ぎてしまい、
ビタミン類が殆ど破壊されてしまっている油である。

この過剰加工油こそ「サラダ油」である。

サラダ油を使っていると、
この油が血管にべっとりと付着してしまうので、
血管自体がボロボロになっていく…

サラダ油は危険な油なのに、
品質が一定しているために、料理人たちが好んで使う。

料理本にはサラダ油を使うように明記されているし、
大量生産のマヨネーズにもサラダ油が使われている。

外食が多いと健康を害すると言われるが、
それはサラダ油を使った料理が多いからなのである。