もっともっと素晴らしいお墓と出会うために大切なのは、とにかくアクセス性と管理体制となります。
お墓を建てるスペースだけのチェックではなく、お墓全体の管理状況をくまなくチェックすることが重要です。 地方と比較をして都心部では寿陵が多くなってきているというデータがあります。
今までは墓地に占める割合は5%前後でしたが、今では全体の数十%にも及んでいるところもあるくらいです。なるべくお墓を建てることで子供に経済的な負担をかけたくないと思う親御さんが多く、生前にお墓を建てるケースもあります。
そのような場合には墓碑銘を赤く塗り、寿陵を建てることが多いようです。お墓不足が深刻な東京や大阪などの都市部では、早めにお墓を確保する人が多くなっているために寿陵がよく見られます。
これまでの日本は墓地がしっかりと確保されており、お墓を建てることも比較的簡単でしたが最近では変わってきているのです。

賃貸事務所
http://new-of-search.jp



都市部を中心に寿陵が増加ブログ:2018-09-13

皆様は
減量をするのに適した季節があるのを
ご存知でしょうか?

実は冬場って、
最も減量に適した季節だと言われているんですよ!

「冬太り」などという言葉があるくらいですから、
むしろ冬場は減量に向いていないのでは?
と、思われているかもしれませんが…

現実は、まったくの正反対なんです!

冬場が減量に効果的な季節である理由として、
代謝ということが大きく関係しています。

代謝は、普通にあたしたちが生活をしていく中で
消費されるエネルギーの量のことを言います。

冬というのは、一般的に寒いですよね。
からだにとって、寒すぎるというのは
時として危機的な状況を生み出します。

そこで、あたしたちのからだは、
気温が低下してくると
自分であたしをポカポカな状態にして、熱を確保しようとします。

体操をした後に、
からだがポカポカしてくるような経験をしたことってありますよね?
このポカポカ感は、
自分でエネルギーを生み出すことによって生じているわけです。

からだを暖かくするためには、
エネルギーを多く消費する必要があります。

このため、
別にからだを温める必要が無い夏場と比べると、
冬の方が消費されるエネルギーはもともと高めになるわけです。

ですから、冬場にちょっとした体操をすれば、
さらに消費されるエネルギーの量は増大します。

消費されるエネルギーの量が増えるということは、
減量につながっていくのです。

そういうわけで、
減量をするなら、冬場にスタートした方が、
より効果が早く現れるんです。