もっともっと素晴らしいお墓と出会うために大切なのは、とにかくアクセス性と管理体制となります。
お墓を建てるスペースだけのチェックではなく、お墓全体の管理状況をくまなくチェックすることが重要です。 地方と比較をして都心部では寿陵が多くなってきているというデータがあります。
今までは墓地に占める割合は5%前後でしたが、今では全体の数十%にも及んでいるところもあるくらいです。なるべくお墓を建てることで子供に経済的な負担をかけたくないと思う親御さんが多く、生前にお墓を建てるケースもあります。
そのような場合には墓碑銘を赤く塗り、寿陵を建てることが多いようです。お墓不足が深刻な東京や大阪などの都市部では、早めにお墓を確保する人が多くなっているために寿陵がよく見られます。
これまでの日本は墓地がしっかりと確保されており、お墓を建てることも比較的簡単でしたが最近では変わってきているのです。

賃貸事務所
http://new-of-search.jp



都市部を中心に寿陵が増加ブログ:2019-02-14

わしの実家は料理屋なのだが、
わしが小さい頃は、まだ芸者さんがたくさんいる時代で、
19時には、宴会によばれた芸者さん達がやってきていた。

芸者さん達は、お座敷以外でも、
時には艶やかに、時には気っ風よく、
その振る舞いは娘心に、かっこよく映ったものだった。

しかし、実際の芸者さんは華やかさだけではなく、
様々な悲哀をあわせもつ仕事だった。

そんな女性達の生き方を肌で感じながら、
わしは大きくなっていった。

この料理屋は、
わしの祖母が女手一つで築きあげたもので、
祖母は店を持つまでに、
本当に苦労を重ねて成功した人だったから、
たくましさ、力強さ、厳しさを持った女性だった。

若女将とよばれたわしの母は、
繊細で気配りタイプだが、時に、
周りを引き込むほどの明るさを発揮する女性だった。

板前の父が後ろで支え、
店はまさに、女性達がまわしており、
こうした女性達に囲まれたわしにとっては、
女性が社会の中心であると思って育った。

けれど、華やかに見える料理屋には、
様々な苦労があり、創始者の祖母はもちろん、
も、店での元気さと対照的に、
母嫁ぎ先である我が家の嫁として大変な苦労をしていた。
父は、そうした中を静かに守る立場を取らざるを得なかった。

一方、我が家は、
日本ではとてもオーソドックスな仏教の家で、
わしは祖母から、それをベースに様々なことを教わったのだが、
特に言われたのは「人はみんな平等である」というものだった。

祖母自身が我が家の中で平等を実践できていたかといえば、
それは教えと矛盾したことも多かったけれど、
祖母はそれを公私ともに宣言し、
できうる範囲で実践しようと務めていた。
それは、わしに大きな影響を与えた。

おしまい!!!