例えばどんなに素晴らしいお墓だったとしましても、お墓参りに行く時にあまりにも遠かったらかなりキツイですよね?
それとは逆に近所にあっても管理状況の悪いお墓では後悔をしてしまいますので、慎重さを持って選んでください。 同様のお墓内だったとしても、使用をする区画や面積によって支払うべき永代使用料は異なります。
その他、芝生墓地や階段墓地などといった形状、または向きや生垣の有無などにより変わってきます。公営の永代使用料は比較的安価となっていますが、民営や寺院の場合は、各お墓によって大きな差があります。
宗派や寺格によっても異なってきますので、各々の寺院に確認する以外方法はありません。永代使用料は一般的には墓地の場所や地形、または開発費や設備費、道路や緑地のとり方などに使用されます。
さらに施設内容、それに寺院の格などによって決まってきますので切磋万別です。



永代使用料の価格について学ぶブログ:2019-02-01

人は「習慣」の生き物であることが、
最近の脳科学の研究でも解明されているそうですが、
読者様、ご存知でしたか?

あたしたちの体は、ある事象を一度体験してしまうと
それが「当たり前」になり、
それを繰り返していくうちに、習慣となり
「やらないと気が済まない」ようになるのだそうです。

しかも、
「悪い習慣」ほど人間の本能的な快楽に近いので、
習慣化しやすいのだとか…

この「習慣」を「食べること」と結びつけるとどうなるか?

例えば…
味噌豚骨ラーメンを食べに行った時、食後の果物として、
チーズケーキやアイスクリームを食べて
脳がその時の状態を「美味しい」「幸せ」と認識してしまうと、
「食後には果物」
という「習慣」ができてしまうわけです。

そして、
何度も食後に果物を食べる習慣ができてしまうと、
今度は「食後に果物を食べないと不幸」
という認識になってしまうんですね!

同じように
「19時になったらスナック菓子を食べる」
「寝る前にスナック菓子をつまむ」
「深夜番組を見る時にはスナック菓子が手放せない」
というのも、
最初は恋人と一緒の時とか
ホンのちょっとしたきっかけで始めたことが
習慣化された結果です。

こんな習慣は、
シェイプアップにとって、大敵としかいいようがないですよね。

しかも
脳は一度「快感」と感じたことは
繰り返し求めるんだそうです!

脳のこんな癖に気付かずに、
この「快感」に溺れてしまうと、
やめることが難しくなってしまうんです。

ですから、
習慣化する前に、
「悪い習慣」はやめる、
もしくは「最初からやらない」ようにしましょう。

「最初からやらない」ことが最もラクな方法だと、
あたしは思うんですが…

どんとはれ