お墓情報決定版「お墓参りに最適な霊園情報サイト」

見逃すことの出来ないお墓情報を当サイトで公開しています。
まずは「お墓参りに最適な霊園情報サイト」のサイドメニューをご熟読ください。

 

生前墓として事前にお墓を買っておく人が多いですが、基本的には公営のお墓では遺骨が無いと申し込みが出来ません。
ですので、もし生前墓を購入されるのでしたら、民営や寺院のお墓を利用する必要があるのです。いつでもどこでも気軽にお墓参りをすることの出来る立地条件でしたら、移動に苦労をするようなことはないでしょう。
このことからアクセス性をまずは重視して考え、条件や環境の確認も忘れずに行いましょう。

 

「お墓なんて一般的な形を選んで、適当に霊園を選べばいいや」などと考えていませんか?
お墓にもいろいろな石材や形もありますし、霊園に関しても管理状況や立地条件など選ぶ要素はいろいろとあるのです。





お墓参りに最適な霊園情報サイトブログ:2018-09-19
菓子パンやそば・パスタなどの麺類が
当たり前のように食卓に上るようになった今、

ミーの周囲にも
「1日3食麺でもいいな」とか
「1日1回はパスタを食べたい」等と言う人が多いですが…

ミーは「1日3食ライスOK派!」です。

もちろん、菓子パンもパスタも好きですが、
「ライス」は特別ヒイキしてしまう炭水化物であり、
大切な主食なのです。

白いライスとお味噌汁のセットは、基本中の基本として、
ライスが主役となる「おにぎり」には特に目がありません。

炊飯器から立ち上る「フワッ」としたかぐわしい香りと湯気。
しゃもじで、炊き上がったライスに空気を与え、
それをおにぎりにする時といったら、なんとも幸せな気持になります。

「どこかに行きたいな」と思うときのお供は、何と言っても「おにぎり」。
作りたてはもちろん、冷めても味わい深いおにぎりって何て素敵なんでしょう!

「好きこそ物の上手なれ」という言葉がありますが、
上手かどうかは別として、ミーはおにぎり作りが大好きです。

今では、何個か作る時、手の平に乗せるライスの量で、
だいだい200グラムという平均値が出せるようになり、
「おにぎり屋さんになれるかもね〜」などと一人自己満足。

このように、
手の平のぬくもりが残る食べ物っておいしい物なのだろうな…と
廃れることの無いライス文化を思ったりもします。

中に入れる「具」も様々な物が合いますし、新しい具で冒険もできる…
それも大きな魅力です。

シンプルな素材だけに
作る人それぞれのちょっとした工夫が十分に生かされる、
日本人には欠かせない「チカラの素」だとミーは思います。



お墓参りに最適な霊園情報サイト モバイルはこちら